雲をつかむようなお話

 

 

 

ぼんやりと

 

あいまいで

 

見えにくいけど確かに存在するもの

 

 

もし触れることができたなら

 

その先にあるのはキラキラした世界かもしれない